ウイルス対策におけるモリンガの有効性について

News

高い健康効果を誇るモリンガですが、人類の脅威であるウイルスに対してはどのような効果があるのでしょうか?

1.免疫力の向上

ウイルスから体を守るために、免疫力の向上は欠かせない条件になります。

人体の免疫力を高めるのに重要な栄養成分として、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、抗酸化食品が挙げられます。
この全てがモリンガに含まれています。

また、免疫力を高めるのには腸の働きが非常に重要です。
人体の免疫細胞の約7割が腸の内側に集まっています。
この腸の状態を良くして、免疫機能を高めることが、免疫力を向上させることに繋がります
モリンガには豊富な食物繊維が含まれており、腸の働きを助けます。

2015年の国内の大学の実験で単純ヘルペスウィルスに感染したマウスに、5日間モリンガエキスを与え経過を観察したところ、皮膚病変の進展を抑制したと学会で発表されています。

2.優れた殺菌作用

インドではモリンガの樹液は古くから消毒薬として使用されてきました。

また国内のある研究結果によると、植物の抗菌作用を調査した実験で、クレブシエラ(肺炎桿菌)と納豆菌、両方に対しワサビがそれぞれ抗菌作用を示したことがわかりました。

3.フィリピンの保健省が推薦

フィリピンの保健省(DOH)では、コロナウイルス対策のため、全ての国民にモリンガを食べることを奨励しています。
フィリピンのある栄養士は、モリンガにはコロナウイルスから体を保護する特定の特性があると発表したそうです。
>>【領事班からのお知らせ】フィリピン保健省からの発表:コロナウイルス

また、モリンガは高タンパク・高栄養でコロナ太り後のダイエットにもお勧めです。
コロナに負けない体作りのお供にモリンガをお試しください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。