石垣島モリンガと食物繊維

石垣島モリンガには、アミノ酸以外にもすごいパワーが秘められています。

それは、食物繊維が豊富に含まれている事です。

 

食物繊維とは、人の消化酵素では消化されずに、大腸に運ばれ、排出されます。

以前の「食べ物のカス」と言われておりました。

しかし、食物繊維には、生活習慣病の予防や便秘の改善等に役立つとわかってきました。

栄養素ではありませんが、健康によいとされる成分で、「機能性成分」に当たります。

 

食物繊維の働きとしては以下になります。

 

  • 便秘の予防、改善

⇒不溶性食物繊維は水を吸収し、膨張し、便をやわらくし、便の量を増やします。

  • 乳酸菌のエサとなる

⇒乳酸菌やビフィズス菌のエサとなり、活性化させる。

  • 血糖値の上昇を緩やかにする

⇒水溶性食物繊維の粘性により、食べ物の胃から腸へ移動スピードを落とし、糖の吸収スピードを遅らせます。

  • コレステロールの吸収を抑える

⇒水溶性食物繊維により、小腸内のコレステロールや胆汁酸を吸着し、便とともに排出を促進します。

  • 上記のような働きにより、腸内環境の改善につながります。

 

一般的に食物繊維が多いされる食品の100g中の食物繊維の量は以下の通りです。

レタスは、1.1g

ごぼう 5.1g

モロヘイヤ 5.9g

セロリ 1.5g

ほうれん草 2.8g

 

石垣島モリンガの食物繊維の量は、

100g中41.5g含まれています。(弊社製品)

 

 

レタスの40倍ごぼう8倍の食物繊維が含まれております。

 

石垣島モリンガパウダーを、サラダにふりかけたり、牛乳と混ぜて飲んだり、カレーに入れるなど様々な料理に活用する事で、健康的な食生活を送れます。

また現在、石垣島モリンガの食物繊維に着目した新たなサプリメントを開発中です。

販売できる段階まであともう少しです。

乞うご期待です。