モリンガの種の栄養素、効能について

News

モリンガは葉、茎、根、全てを摂取可能と言われていますが、種も摂取できることをご存知ですか?
モリンガの種はこの写真ような見た目をしており、殻を割ると出てくる白いふわふわした部分を食べることができます。
程よい歯ごたえと口の中で溶ける食感で、風味やクセはなく、味はとても苦いです。

モリンガの種に含まれる栄養素

モリンガの種の栄養分で特筆したいのが「イシリトール」と「グルコモリンギン」、そして優れた「デトックス効果」です。

イシリトール

モリンガの種の苦味は、ビタミンB群の一種イシリトールという物質によるものです。
コレステロール値を下げる働きもあり、脂肪肝、肝硬変、動脈硬化症、高コレステロール血症などの予防に役立ちます。
イシリトールはローヤルゼリーなどにも含まれてますが、一般的な食事からでは十分な量を摂取できないため、サプリメントなどで摂取することが必要とされています。

グルコモリンギン

日常の疲れや腰の不安感を和らげる効果があるとされている物質です。
日常的に身体疲労を有する被験者各群20名がモリンガ種子成分を約1ヶ月継続して摂取したところ、身体的な疲労感を軽減できたそうです。

デトックス効果

モリンガの種には体内の毒素を吸着して水分と一緒に体外へ排出するデトックス作用があると言われています。

アメリカの研究機関の実験によると、モリンガの種を粉末状にしたものを汚水に混ぜて太陽にさらした結果、水が浄化され透明な液体に戻ったとの研究結果が発表されています。
またその結果、汚水から病気が感染する確率が80%~90%減少したというデータがあるそうです。
この作用は人体で同様に起こっていると考えられます。人体の70%は水分のため、モリンガを摂取することにより、体内の老廃物を体外へ排出させる浄化作用が期待できます。

上記の他に、種に多く含まれる成分として脂質があります。
脂質はモリンガの種の成分の3割以上を占めていて、その中には一般的にモリンガオイルと呼ばれる油分が含まれています。
続いて、たんぱく質、炭水化物、食物繊維、その他栄養(ビタミンC、ビタミンA、カルシウム、カリウム、プロテイン、ミネラル、タンニン、サポニン、フェノール類等)が含まれています。

これらのことから、モリンガの種には通常では摂取しにくい貴重な栄養素や作用がたくさん含まれていることが分かります。
これらの栄養素は、体重50kgで1日6~9粒を摂取すると十分に摂取できると推定されています。

コレステロールゼロで食物繊維が豊富という点から、ダイエット中の方にもおすすめです。
またインドでは夜の営みの強壮剤として、結婚式の日に夫婦にモリンガの種を食べさせるという風習があるそうです。


モリンガの種の効能

モリンガの種には以下の効能があると言われています。

  • 生活習慣病の予防
  • 肝臓疾患の改善
  • 糖尿病の予防
  • 血流の改善
  • 脂肪の燃焼、蓄積防止
  • 神経細胞の保護
  • 髪の健康維持

食べ方は?食べた後に水を飲むと、水が甘くなる!?

モリンガの種の食べ方としては、その栄養を壊さず摂取するために加熱等の調理はせず、そのまま生で食べるのが良いと言われています。
※とても苦いです。
そして上述したように、モリンガの種には高いデトックス効果があるので、効果を高めるために水を沢山飲むことをおすすめします。

モリンガの種を食べたときに水を飲むと、水が甘くなります。
水以外でもお茶やブラックコーヒーが甘くなったという声も聞かれます。
これはモリンガの種に含まれるイシリトールという成分によるものです。
ぜひ試してみてください。

この他、ナッツのように袋に入れて他のナッツと混ぜて食べたり、グラノーラやドライフルーツにしたり、豆のように茹でてサイドデュッシュにする等の料理方法があるそうです。


モリンガの種に含まれる”モリンガオイル”について

モリンガオイルはモリンガの種から抽出されるオイルで、スキンケアから食用まで多くの用途で使うことができます。
大変高価で、金額はオリーブオイルの約15倍で販売されています。
オリーブオイルに似ていて、サラッとしていて香りにクセがなく扱いやすいオイルです。
またオリーブオイル同様、不飽和脂肪酸の一種であるオレイン酸が豊富に含まれていて、美容や健康に効果があり約30の抗酸化作用があるそうです。
保湿剤、また防腐剤としても使われています。

モリンガオイルは別名”ベンオイル”と呼ばれ、古くは、古代ローマ、ギリシャ・エジプト文明の時代から流通し、重宝されていたそうです。
そしてあの世界三大美女クレオパトラも愛用し、その美貌を保持していたと言われています。

調理方法もオリーブオイルと同様で、ドレッシングのベースや炒めものの油として、日常でお使いいただけます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。